新薬モニター

新薬モニターとは?

販売直前の薬を服用して血圧の変化などを調べる仕事です

実際は仕事といっても検査する時以外は基本的に自由時間で、本を読んだり

映画を見たりできます。

 

なぜ新薬モニターが必要かというと?

製薬会社は新薬を発売するためには、新薬モニターを実地し国からの

許可が必要になります、製薬会社は膨大な新薬のデーターを国に提出しなくてはなりません、そのための協力する仕事と思ってもらったらわかりやすいです。

 

 

報酬について  

新薬モニターアルバイトの報酬は、一度の参加で数万円から数十万円、日給換算で2~3万円程度と高額です。たとえば、1週間の新薬モニターアルバイトでは、約15万円、3週間以上の長期間のモニターでは50万円を超えることもあります。

 

 

新薬モニターアルバイトの報酬がこのように高額なのは、新薬モニターアルバイトの報酬は、一般のアルバイトと異なり、自由時間・食事時間・睡眠時間などもすべて仕事の時間とみなして金額が決定されているためで、危険に対する代償、というわけではありません。

 

 

新薬モニターアルバイト1日当たりの報酬は、期間が長くなるほど高くなる傾向があります。 また、新薬モニターアルバイトの報酬から、税金は引かれません。なぜなら、「新薬モニターアルバイト」は、「新薬開発のためのボランティア」と位置付けられており、報酬は「給料」ではなく、「謝礼」という形で支給されるからです。ですので、アルバイトなどの副業を禁じられている会社員の方も問題なく参加できます。 また、ほとんどの実施機関では、健康診断や説明会などに足を運ぶと、交通費として、別途3000~5000円程度が現金や金券などで支給されます。

 

新薬モニターアルバイトに参加すると、実施機関のスタッフから知人を紹介するように勧められ、知人を1人紹介する度に3000円~5000円の紹介料が実施機関から支給されます。